Kathe Kruse/ケテ・クルーゼ

kathe kruse ケテ・クルーゼ

ドイツの代表的な人形のメーカー。1905年、Kathe Kruse(ケテ・クルーゼ)夫人が自分の娘のために人形を作ったことから始まり、おもちゃ展に出品した温かみのある布製の抱き人形が評判となります。その人形は、当時の人形業界に大きな革命をもたらしました。ケテ・クルーゼ夫人の人形作りへのこだわりは、100年を経た今も変わらず引き継がれています。

ケテ・クルーゼ夫人の変わらぬ信条、それは「手作り」へのこだわりでした。
『手のぬくもりは心に必ず通じるものであり、それが一番シンプルに形に表せるものとして「人形」ほど説得力があるものは他にない』と彼女は力説しています。
また、『人形は愛情を呼び起こすことができる不思議な力がある』とも言っています。
人形作りから始まったケテ・クルーゼ。
そのこだわりは今なおベビーアイテムにも引き継がれています。

ケテ・クルーゼベビーアイテムシリーズ

オーガニックシリーズ

オーガニックシリーズ

自然素材を基本に手作りされた素朴な人形です。
ルドルフ・シュタイナーの教育思想を背景にドイツを中心に生まれたウォルドルフ人形を基に作られ、
子どもたちの自由な想像力を大切にするため、顔は細かい表現をせず、目や口が分かる程度に描かれています。

ディスカバー・ザ・ワールド

ディスカバー・ザ・ワールド「イン・ザ・ガーデン」

お庭をテーマにピンクとグリーンを基調としたシリーズです。

ディスカバー・ザ・ワールド

ディスカバー・ザ・ワールド「オン・ツアー」

旅行をテーマに赤と青を基調としたシリーズです。

クラシックシリーズ

クラシックシリーズ

ロングセラーの定番商品です。
テリー織りのタオル地やケテ・クルーゼ オリジナルのプリント柄を使用しています。

クラシックシリーズ

クラシックシリーズ

ロングセラーの定番商品です。
テリー織りのタオル地やケテ・クルーゼ オリジナルのプリント柄を使用しています。